Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c2116570/public_html/makiyann-game-game.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
【FF16】サブクエストから考察するエンディング/ネタバレ注意 | まきやんのゲーム部屋

【FF16】サブクエストから考察するエンディング/ネタバレ注意

PS5

こんにちは!まきやんです。
FF16どうでしたか?
別記事でも書かせて頂きましたが、ゲーム性やストーリー、グラフィックの全てにおいて大変満足できる作品でした。
実際にFF16をエンディングまでたどり着いた人は

クライヴは結局どうなったの?死んだの?

という疑問にたどり着いたのではないかと思います。

私も同じ疑問にたどり着き、自分なりに考察してみたところ、

クライヴは生きていたのではないか。

という結論にたどり着きました。
クライヴには生きていて欲しい!という私の気持ちも若干含まれていますが、きちんとした理由を踏まえて説明しますので、是非最後まで読んでもらえると嬉しいです。
※ 以下内容は、ネタバレと個人的な主観満載の記事になります。

考察

この記事では、

ジルのサブクエスト(白銀の君)
ハルポクラテスのサブクエスト(老師の思いを胸に)

からクライヴが生きていたと考える理由を考察していこうと思います。

ジルのサブクエスト(白銀の君)

ジルのサブクエストは、作中のサブクエストである受け継ぎし炎姫君のお針子をクリアするとプレイすることができるようになるサブクエストです。

もう、ご存知かもしれませんが、このサブクエストでは元気がないジルにクライヴが思い出の雪月草を見せてあげるといった内容のストーリーが展開されます。

このサブクエストの終盤の場面で、どうもジルの口の動きとセリフの長さが合っていないような。って思いませんでしたか?

そう思って、少し調べてみたところ、FF16は海外向けの商品が先に制作されていて、英語に合うようにキャラクターの口の動きが設定されていてるということが分かりました。
そして、英語版のセリフをそのまま和訳した内容を、日本語版でセリフとして組み込んでしまうと、口の動きとセリフが合わなくなってしまうことから、所々直訳された内容に寄せたセリフが充てられているとのことです。

それで、英語版でジルがどんな内容を話していたのかというと

気づいたの。
どんなに辛い夜でも日は登るって。
あなたは私のところに戻って来るって。
あなたはいつもそうだった。

という内容を話しているんですよ。

エンディングでは、ジルが、最後の場面で朝日を見ながら泣き止んでいましたよね。

このシーンです。ジルが朝日が登る方向を見て泣き止んだように見えます。

ですから、エンディングの最後に描かれていませんでしたが、私は、

朝日と一緒にクライヴは隠れ家に戻ってきた

もしくは

クライヴが生きているということが朝日を一緒にジルに伝わる何らかの出来事があった

のではないかなと思っています。

ハルポクラテスのサブクエスト(老師の想いを胸に)

次に、ハルポクラテスのサブクエスト(老師の想いを胸に)についてです。

このクエストは、価値ある孤独を讃えよというサブクエストをクリアしてストーリー「オリジン」を迎えることで発生します。

このサブクエストでは、ハルポクラテスの思い詰めているディオンに特別な飛竜草を贈りたいという願いを叶えるためにクライヴが協力するという内容のストーリーが展開します。

このサブクエストをクリアするとハルポクラテスから思い出の品(ストラスの羽ペン)を貰うことができます。

クライヴは、このストラスの羽ペンをハルポクラテスから

心から祈っている。剣ではなくペンを執る日が来ることを。

という言葉を添えて贈られます。

エンディングでは、クライヴが生きた時代より遥か先の世にジョシュアによって執筆されたファイナルファンタジーという書籍が存在していることが、描かれています。

このファイナルファンタジーという書籍の著者は、クライヴではなくジョシュアとなっていますが

フェニックスには死者を蘇らせる力はないこと
クライヴは、アルテマが使おうとしていたレイズを使う前に、マザークリスタルオリジンを破壊しており、ヴァリスゼアには、魔法という概念が消失してしまったこと

から私は、ジョシュアが生きていた可能性はかなり低いと思っています。

ですから、クライヴが

自身が、各地のマザークリスタルを破壊した大罪人である(大罪人の書籍であれば、後の世で闇に葬られる可能性がある)
死んだとされていたジョシュアが生きた証を後世に残したかった

という理由からジョシュアの名前を使って執筆したのではないかと思っています。

まとめ

これまでお話しした内容から、私はクライヴが生きていたのではないかと思っています。
つらつらとFF16のエンディングに対する考察を書いてまいりましたが、プレイヤーの数だけ解釈があり、それぞれの考察がある。と私は思っています。
この記事は、みなさん自身の考察を否定するものではありません。
あくまでも、こんな考察もあるんだという感じで見てもらえたら嬉しいです。

公式から追加コンテンツの発表はありませんが、個人的には

ジルとクライヴがヴァリスゼア以外の大陸を冒険する話
(ジルがサブクエストの終盤でヴァリスゼア以外の大陸を旅してみたいと言っていた)
シドがシドになるまでの物語
ジョシュアがクライヴに出会うまでの物語

などが追加コンテンツとして発表されると嬉しいと思います。
ここまで、読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました